袖看板の使用箇所や素材などについて

袖看板の使用箇所や素材などについて

袖看板とは建物に設置した看板で、縦長のタイプが主流となっています。建物に直接設置するタイプなので店や会社の名前を印刷するデザインが多い傾向にあります。サイズは大きいもの、小さいもの、丸いもの、四角いものなど様々です。良く行くお店や自分が勤める会社、または取引先、病院などにもこの袖看板を使っているところが多いのではないでしょうか。

建物に設置していることから、その建物が看板に書いてある名前のお店や会社が所有していると一目で分かります。そのため、このタイプの看板を選ぶところが増えているそうです。電飾を使ってアレンジするところも多く、例えば看板部分の板をプラスティックにすることで内部に電飾を入れてスイッチを入れれば看板が明るく光ります。あたりが薄暗くなっても看板が見やすいと評判なのです。

また、数階建てのビルの場合は各階にどんな店、どんな会社があるか分かるように袖看板をビルに設置しているところも多くみかけます。一目でテナントが分かるのでビルのような数階建ての建物に袖看板はなくてはならない存在と言えるでしょう。

台風などの災害時に看板が壊れて下を歩いている人が怪我をした際、軽度の怪我で済むようにFFシートを使うことも多くなってきました。

    Copyright(C) 多種多様のデザイン看板を調べてみよう All Rights Reserved.